REPORT, TRAIL RUN

アーバントレイル龍ノ口

UTMT2020

アーバントレイル龍ノ口 2020.2.9

今年は5歳児 息子トレイルランデビュー戦に保護者参加

気持ちいい青空の下

約5kmのロングランだ。

5歳にしては途方もない距離で全く想像もつかなっただろう。

そりゃそうだ。

5kmなんてロードでも走ったことがなければ、連続で歩いたこともない。ましてや、今回は山道だ。

初めは、ロードを1kmちょっと。そこからトレイルに入りガレタ岩場を進んでいく。滑りそうな岩を手掴みしながら、時には木の根っこを持ったり工夫しながらたくましく登っていく姿に感動した。

親父として、そばで応援だけしかしてやれなかったけど登りはスイスイ

下りは、段差が大きいからお尻つきながらでも下っていた。

道中、弱音をはく訳でもなく

自分より少し大きなお兄ちゃんやお姉ちゃんには負けたくないと言いながら必死に登りで追い抜いていく姿にまた感動( ◠‿◠ )なんとも逞しい息子だ。三男だから甘えて育っているけど、半端ない負けず嫌いな性格。

自分が勝ちたいと思った勝負事には、とことん自分を追い込んで勝つまで終わらない。この子に向いている競技はなんだろう?親としては、色々やらせてみたいと思う。

さて、スタートして50分が経過したところに、最後の大きな登り高低差200mくらい。ここを駆け登ったらゴールにたどり着く地点までやってきた。彼は、水分補給する時だけ立ち止まる。しかし、それ以外は動き続けていた。

流石に疲労もピークに差し掛かり脚が思うように上がらなくなりペースが落ちてきた。後ろから年上の女の子が迫ってくると負けたくない根性が出て必死に小走りを…

ようやく山頂付近に近づくとスタッフさん達の頑張れの声援が聞こえて終わりだぁーと安堵したような表情になった。

ゴールは、やりきった表情でほっぺたを赤く染めて疲れはてていた。

エイドで、好きなお菓子やジュースを飲んで栄養補給を行い下山した。

ボクは、このあとスイーパー業務があったので任務に向かった。

聞くところによると

帰りの下りは、ゆっくり皆んなで帰るようになっていたが、小学生のお兄ちゃんに闘志を燃やしていたらしく前に前に進んで負けないようにしていたとか…ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

今回は、息子の頑張りに大変驚かされ感動させてもらった。

ありがとう。

玲央斗!

追伸、レース後の大会後片付けも自ら進んで何か出来ることはないのか聞いて回っていたようで親として嬉しく誇らしかった。

良かったら、下記ボタンを押してください。


にほんブログ村

TRAIL RUN

100km超えるロングトレイルランで完走するためには

「え〜

それは分かっているけど

シンドイしキツいよー」

ボクと同じように、100kmを超えるロングトレイルランで完走したいけど、ベースとなる走力が遅いと感じているランナーは多いはず。

もう少し走力(スピード)が速かったら、楽にレースを楽しめるし景色を愉しめるしカメラで撮影出来たり、もっと満喫出来るはず。

だから、ボクは考えたの。

フルマラソンの練習は嫌だけど、フルマラソンの練習コソ

ベース走力を上げるには最適じゃないかってこと。

前日のレースペース30km走プラス

LSD 30kmすれば、自分に自信が持てるようになり

何が自分に足りないのかが、明確に分かるようになる。

昨日の練習で脚の疲労に加えて身体の疲労もかなりきているはず。だけどあえてゆっくり30km走。

コレは疲労抜き効果とレース後半

もう走れなくなりかけた時LSD走をしたことを思い出して欲しい。しんどい苦しい時でもなんとか走れていた自分を❗️

コレこそが、メンタル強化と走力強化。2日連続でするから効果が上がる。1日おきでも3日おきでもなく連続2日間するから意味がある。

意味のない練習は、疲労でしかない。効果の無い練習はしない。全ては、レースで完走してレースを楽しむ為。本番前に答えは出ている。

だから、今

意味のある練習をしよう。

良かったら下記バナーをポチッとしてください


にほんブログ村

TRAIL RUN

ロングトレイルランで完走したい

ボクと同じように、ロングトレイルランで完走したいけど、ベースとなる走力が遅いと感じているランナーは多いはず。

もう少し走力(スピード)が速かったら、楽にレースを楽しめるし景色を愉しめるしカメラで撮影出来たり、もっと満喫出来るはず。

だから、ボクは考えたの。

フルマラソンの練習は嫌だけど、フルマラソンの練習コソ

ベース走力を上げるには最適じゃないかってこと。

フルマラソンの練習は嫌だけど、フルマラソンの練習コソ

ベース走力を上げるには最適じゃないかってこと。

それは

・30km走

この30km走すれば、自分に自信が持てるようになり

何が自分に足りないのかが、明確に分かるようになる。

「え〜

それは分かっているけど

シンドイしキツいよー」

このしんどい30km走を頑張って出来たら

ロングトレイルランで完走出来て自分に打ち勝つ事が出来て、仕事やプライベートが

今より充実出来たら最高じゃない(^O^)

良かったら下記のボタンを押してください


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

龍ノ口山 トレイルラン

今週末は、追い込みトレーニング週間だった。(ボクは、火曜日水曜日がお休み)

前日は、20kmロードワークして脚は、比較的足が売切れ状態で山に入る練習だ。

久しぶりのセット練習は、身体にかなりダメージが残った。

岡山県内の市街地に近い龍ノ口山は、誰でも比較的登りやすい山だ。

標高257m。

龍ノ口グリーンシャワーの森に来るを止めて出発。

今日も多くの登山者・ハイカーさんが登っていた。

行き交う方々と挨拶を交わしなが山を登るのは楽しい。

時に話をしてエネルギーを頂けるからだ。

そんなひと時も山練習ならでは。

低山なのに色々な表情がある登山道。

ガレバ・フカフカトレイル・岩場・森林スポット・スイラクなど多種多様のトレイルに心躍らされる

今日はどうしても5時間は、動き続けたいと目標設定。

目的は、ロングレースに備える身体づくりのため。

ペースは、気にしない。歩いても良い。長く止まることだけは、避けようと考えていた。レースでじっと止まることは、無いためだ。日頃から練習する目標・目的をしっかり意識して何の為にお山に行くのかをはっきりさせないと無駄な時間になってしまう。

だけど、クソ真面目に練習するのも面白くない。

だから

時に自撮りをして遊んだり

景色を眺め雲の動きに感動したり興奮したり

動物を発見して喜んだり

登山者の方々と話をしたり

その時々に出会った人・者・物・自然を大切にしたいと思っている。

何とか、5時間以上行動出来たので目標達成。

(5時間25分 27km D+2,184m)

温泉入って帰りました(^.^)

龍ノ口山山頂

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

REPORT, TRAIL RUN

NYTK 2020

(New Year Trail In Kumayama)

NYTK2020 朝陽

今年も第7回目岡山は熊山を舞台としたトレイルランニング記録会(レース)が開催された。

新年早々にも関わらず、県内外の方々に集まって頂き大盛況の幕開けとなった。

受付は、ロングコース選手とミドルコース選手それぞれ時間帯が違って選手の混雑化を避ける事が出来き、ウエブスタートになっている。

ロングコース 34km

ミドルコース 24km

それぞれ、ブリーフィンングもきっちり行われ、もしも選手が倒れていたらどう対応するか?選手達に問いかける場面もみられた。昨今の大会で事故が起こり遭遇した場合知識と行動の予行練習を行なっているといざと言う時に役立つと考えたからだ。このあたり大会関係者の危機管理意識が高いと感じた。

僕は、ミドルコーススイーパーと言う役割を任されて任務を遂行した。

熊山山頂から最終選手の最後尾について共に野山を駆け回った。選手の安全と緊急時の対応など念頭において・・・

選手・スタッフが共に楽しく過ごせる温かいアットホームな雰囲気が嬉しい。だから、毎回この大会申込は直ぐに完売してしまう。

ゲスト参加していただいた飯野航選手左端

大会後には、表彰式が行われ上位者・努力者・功労者が労われる。ここも魅力的なところだ。選手だけでなく大会関係者も一緒に表彰するなんてどこにも無い唯一無だ。おまけにジャンケン大会が行われ協賛関係社の景品が配られる。大きなポイント!!!

2021年も恐らく開催されると思う。希望者は、早めに予定を空けておいて頂きたい。お正月休みに開催されると思う。

NYTK2020 打上げが行われた

2020年もNYTKに関われて素敵な年の幕開けとなった。ありがとうございます。

良かったら下記をポチッとしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

2020 年間トレイルランニング計画ってどうする?
レースの計画みたいなもの

さて、2020年前半メインレースはASO ROUND TRAIL に決まり練習計画を立てていくだけ。そうは言っても5月9日まで半年もどうやって過ごそうか?悩む悩む(ㆀ˘・з・˘)

ボクの場合、2月か3月くらいにフルマラソンを入れてスピード強化を養うようにしているんだけどフルマラソンって、正直言って嫌いなんだよね。スピード強化って割り切って頑張るようにしている。あとは,怪我だけが心配なんだ。

3月中旬から山練習へシフトをきっていく。直ぐに山に入るわけでなく、ロードの坂道基礎練習を行い山に入るようにしている。コレも怪我をしないように準備しているんだ。

2020年トレイルランニング年間計画書?
行き当たりばったりも良いけど、レースで自分が思い描いた通り走れたら楽しいので年間計画を立てる習慣をつけている

山には1ヶ月間、ロングトレイルを取り入れて10時間くらい動き続ける。100km以上の距離を走るレースには必須だ。

今は,基礎体力UPの為サーキットトレーニングとスイムをメインに!強化中。

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

UTMB 2020

UTMB 2020

UTMB スタート前日

また,このエントリー時期がやって来ました。

今年は,昨年エントリーしていて当選者でしたが

どうしてもSwisspeaks360 に出て完走したくてUTMBを蹴ってswiss へ行きました。おかげで完走出来て一安心でした。

さて,もう来年2020年のエントリー開始

早いですね。

今年も当選しますように…
エントリーしたいと思います。

UTMBのHPからログイン右上入っていくと

ID & password (事前に登録が必要です。)

1人でエントリーするか

2人以上で登録するのか 選択から始まります。

僕は、とりあえず1人なので左側でした。

あ〜PTLに出たいなぁ〜

なんて思っていますがペアを探さないといけないので

今回はUTMBにしておきます。

エントリー出来る方は,お早目にお忘れなく!

良かったら下記をポチッと押してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

ASO ROUND TRAIL JAPAN

阿蘇ラウンドトレイルhttps://universal-field.com/event/asoroundtrail/

クリック合戦を制して来年2020阿蘇の外輪山を走らせて頂けるようになりました。

今年からエントリーするときにボランティア活動をしていたか?

ボランティア活動をしていないとエントリーが出来ない。

いつも自分ばかり走るのではなくて、

県内の大会は、基本的にボランティア活動に励んでいた事が評価されるんだなと思いました。

来年は,しっかり準備して

完走したい。

今年は,怪我を推して出場したので、あえなくDNF

悔しい思い出http://takarun.com/trailrun/1529

また,阿蘇の最高の景色が観たくて…

良かったら下記をポチッとして下さい

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

総社市福山1234階段

久しぶりに総社市福山1,234階段走を行った。

ヨンマル

全部で5往復 累積標高1,190m

秋晴れの天候は、やっぱり気持ちよかった。滝汗を流しながらも秋の空気感とちょっとの紅葉は格別だ。

82歳のお爺ちゃん

途中お爺ちゃんと遭遇。挨拶を交わしたあと、ボクが往復練習していたので2回目も挨拶。その時に色々お話出来てお爺ちゃんが82歳だと知る。とても元気一杯でエネルギーを頂いた。やっぱり山で行き交う方々と挨拶を交わし会話をすると楽しい時間を共有出来るね。

また、お会いするのが楽しみだ。

ランクルで野山へ向かう時間は格別だ。

ランドクルーザー40

アウトドアライフ。

日常の中に楽しさは溢れている。

そんな大人な遊び暮らしを提案している

それが、ボクの仕事。

住宅設計士トレイルランナー

良かった下記をポチッとして下さい。励みになります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

200マイル, Swiss Peaks 360, TRAIL RUN

Swiss Peaks 360 2019 No6
251km〜307km工程図

Swiss Peaks 360 No6

*CHAMPEX 251.6km 〜 CHAMPÉRY 307.5km D+3772m 区間距離56km

CHAMPEXエイドを日本人3人ボクを含めて出て行くようになった。その内のお一人 中村さんがコースに詳しくてUTMBコースをトレースしてしばらく行きますよって(^^)嬉しいアドバイスに感謝して3人でワイワイ騒ぎながら

Bovine1974mを目指した。道中にUTMBのコース看板が設置されて凄いなぁ〜って感心してパシャって写メを撮り、売店にもUTMBグッツが多数あったり大会の大きさを実感した。

コースは登山道をひたすら進んでいくのだが、こちらはマウンテンバイクのダウンヒルも盛んで5,6人のパーティーで一気に下ってくるので注意が必要だ。それでも、行き交う時は譲り合いの気持ちは世界共通で互いに 「どうぞ、どうぞ」と相手を思いやる精神は嬉しかった。

緩かな登りからだんだん勾配がキツくなって同時に霧が立ち込めて行先が見えなくなって足元付近しか見えないトレイルを進む。この辺りでエイドLA GIETEが無い。ロストしたのか?そんな不安に駆られながらヘッドライトを頼りに進んでいった。この辺りは、雨が多少降ってもトレイルは硬い。日本のようなドロドロやズボッとハマったりすることは少なかった。ただ、寝ていないので歩きながら自然と目を閉じて歩いていた。今思うだけでも危ない行動をとっていた。

LA GIETEから10kmくらい下るトレイル&ロードは、脚への負担は大きい。しかも、階段下りや急勾配の階段登りが待っていた。スイス人に合わせているため段差が半端なく大きくチビの僕には転げ落ちそうだったり海外の壁を感じた。

FINHAUT 272km(1,248m)エイドから18km先のエイドAUBERGE DE SALANFE は、夜間パートから夜明けへと進んでいく。2,500mのコルを2つも超える。オマケに冷え込んできているため低体温症にならないようにだけ注意をして進んだ。トンネルを通っていくのだが、薄暗く不気味で怖かった。一人だと何かの亡霊でも出てきそうだったが、幸いにも日本人の頼れるMt.Takeishitoとちゅう物凄い睡魔が襲ってきて10分だけ寝ることにして日本人のかたと寝た。起きたら一人ボッチ。置いて行かれた。そこから先は、しばらく独り旅。登れど登れど頂上が見えない。ガスっているし夜間だから仕方ない。それでも時折見えるヘッドライトが蛍の灯火のように儚くも付いては消える。あんな先まで登るかと思うと気が遠くなった。

やっとの想いでピーク2,482m到着した時は安堵した。しかし、下りはガレガレだった。こんなん下れないよって思いながら降りると案外行ける。途中から調子に乗ってガシガシ降っているとMt.Takeishi 遭遇。そこからまた、ご一緒させてもらい必死に食らいついて2,462m Col d`Emaneyを目指した。風雪とガスでフラッグが見えずらく苦戦した。山頂に差し掛かる頃は、夜明けに近い感じで下を眺めるとダムエイドAUBERGE DE SALANFEが見えた。そこから一気に駆け降りてエイドになだれ込んだ。とにかく眠たかったので仮眠を30分くらい取り次のステージに備えることにした。

ダムエイドを出る頃には、すっかり明るくなり気温も少し上がっていたような気がした。ダムの周辺をしばらく進み湿地帯2,000mを抜けると牛の大群が放牧されていた。

オスの牛は、睨みを利かせ僕を行かそうとしてくれない。回り道を余儀なくされ時間を使ってしまった。その後は、シングルトラックトレイル。幅も1mくらい。片方は断崖だ。滑落すると死にそう。

気を引き締め直して500m UP登りを進んでいった。

山頂に到着すると一面ガス。全く何も見えず標交差500mダウンのトレイルを下ってエイドに入った。今大会初だろう、甘いパウンドケーキを食べた。極度の甘党だけど、レース中は全く食べていなかった。むしろ欲しくなかったからなのだ。しかし、ここでは欲しいと欲望が勝り食した。めちゃくちゃ美味しかった。3つくらい食べた。ここでも十分休憩をとり9.5km先のエイドを目指した。

危険なくだりが何ヶ所かあり、初めてスタッフが待機していた。今までもあっただろうとチームJAPANのメンバーと話していた。ここは、危険な場所だけにinsta映え十分な写メが幾つも撮れた(*´ー`*)楽しみながら下り最終ベースキャンプ地CHAMPERY (1027m) 307km 到着した。

本日は、ここまで!

お読み頂きありがとうございます。

次回は、悶絶するような痛みを抱えながら感動のゴールまで!

ポチッと教えて頂けると励みになります。


にほんブログ村