家づくり

CAMPS HOUSE

『キャンプスタイルな家』

トレイルランナーだけど本業は、アウトドアアクティビティーが好きな方の家づくりのお手伝いをしています。岡山で土地探しから設計から施工アフターサービスまで一貫体制で工事を請負っています。

2階室内

日曜日、現場はおやすみ。

誰もいない現場は、静かだ。いつもなら機械を使って大工さんや板金屋さんが家を仕上げていくのに静寂な室内、新鮮だった。

2階の外周部の壁は、構造用板でほぼ覆われていた。大工さんが頑張っていた証。

明日は、窓枠を着けて窓ガラスが入るのを待つばかり。こうして、家の外の工事は終わりを迎えそうだがバルコニーの下地作りが残っているので、そこを片付けて家の内装に工事を進めていくだろ。

2階

ここまでお読み頂きありがとうございます。良かったら下記ボタンを押してください。
にほんブログ村

TRAIL RUN

Trailrunner Wedding!

トレイルランナー同士の結婚式!

雨模様の予報が一転、快晴!!!

早春の元備前國総社宮にて和装結婚式が行われた。

自称、晴れ女と言う花嫁さん。

本当に見事に式典の最中だけ雲一つない青空だった。

すげ〜人だなぁー

ランナーさん同士の結婚式だから

ランナーさん達が祝福に正装(走る服装)でお祝いされていた。

旦那さんは、最後に皆様に胴上げされていた。

素敵なお二人の式典でした!

おめでとう!

追伸、宮司さんに話をちょっとうかがった。ココ備前國総社宮で結婚式をしたご夫婦すべて晴れ模様だったそうだ。驚愕のお話。次、結婚式をあげられる方の中で晴れのジンクスを破る方はいるのだろうか?!

ここまでお読み頂きありがとうございます。良かったら下記ボタンを押してください。

にほんブログ村

RUN, シューズ

KURASHIKI SUNRISE RUNNING

ナイキペガサスターボ2

朝陽が昇る前からランニングを開始。

昨日履いたナイキのペガサスの感触を再確認したくて

勝手にスピード上げて走ってみた。

クッション性能を改めて実感。

家もそうだが、性能が向上すれば身体に起こる動作も変わってくるのだろうと実感した。また、デザイン性も重要なファクターだ。ここがイケテナイとテンションが下がったりモチベーション向上に不可欠だと再認識した。

マラソン大会に標準を合わせてサブ3キリ挑戦をもう一度しようかな。今の走力だと3:20:00切りがまだいっぱいいっぱいだな。キッチリ練習メニューを組んでチャレンジしたい。

良かったら、下記ボタンをポチッと押してください。押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

RUN, シューズ

NIKE ZOOM PEGASUS TURBO 2

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2

練習用アイテムを遂に手にした。

世間のランナー達は、とっくに手にしているNIKE NIKE ZOOM PEGASUS TURBO 2

早速、本日2020年1月18日土曜日

初下ろしランニングを愉しんだ。

初めは、ゆっくり歩きから。脚が勝手に進むような感じ

靴が軽いのか、履き心地もまずまずといったところ。

徐々に歩きから

いつものランニングへ

ホントに推進力が生まれる感じがたまらない。

これがベイパーフライニットだったら

どうなんだろとふと頭をよぎった。

恐るべきNIKE

NIKE ZOOM PEGASUS TURBO 2だ。

今後、脚への負担を考えるとNIKE ZOOM PEGASUS TURBO 2を中心にNIKEにお世話になるだろう。

今日は、ウォーキングからrace paceまで慣らしで走ったけど

めちゃくちゃ楽しみなNIKE ZOOM PEGASUS TURBO 2

良かったら下記バナーをポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

2020 年間トレイルランニング計画ってどうする?
レースの計画みたいなもの

さて、2020年前半メインレースはASO ROUND TRAIL に決まり練習計画を立てていくだけ。そうは言っても5月9日まで半年もどうやって過ごそうか?悩む悩む(ㆀ˘・з・˘)

ボクの場合、2月か3月くらいにフルマラソンを入れてスピード強化を養うようにしているんだけどフルマラソンって、正直言って嫌いなんだよね。スピード強化って割り切って頑張るようにしている。あとは,怪我だけが心配なんだ。

3月中旬から山練習へシフトをきっていく。直ぐに山に入るわけでなく、ロードの坂道基礎練習を行い山に入るようにしている。コレも怪我をしないように準備しているんだ。

2020年トレイルランニング年間計画書?
行き当たりばったりも良いけど、レースで自分が思い描いた通り走れたら楽しいので年間計画を立てる習慣をつけている

山には1ヶ月間、ロングトレイルを取り入れて10時間くらい動き続ける。100km以上の距離を走るレースには必須だ。

今は,基礎体力UPの為サーキットトレーニングとスイムをメインに!強化中。

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

UTMB 2020

UTMB 2020

UTMB スタート前日

また,このエントリー時期がやって来ました。

今年は,昨年エントリーしていて当選者でしたが

どうしてもSwisspeaks360 に出て完走したくてUTMBを蹴ってswiss へ行きました。おかげで完走出来て一安心でした。

さて,もう来年2020年のエントリー開始

早いですね。

今年も当選しますように…
エントリーしたいと思います。

UTMBのHPからログイン右上入っていくと

ID & password (事前に登録が必要です。)

1人でエントリーするか

2人以上で登録するのか 選択から始まります。

僕は、とりあえず1人なので左側でした。

あ〜PTLに出たいなぁ〜

なんて思っていますがペアを探さないといけないので

今回はUTMBにしておきます。

エントリー出来る方は,お早目にお忘れなく!

良かったら下記をポチッと押してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

ASO ROUND TRAIL JAPAN

阿蘇ラウンドトレイルhttps://universal-field.com/event/asoroundtrail/

クリック合戦を制して来年2020阿蘇の外輪山を走らせて頂けるようになりました。

今年からエントリーするときにボランティア活動をしていたか?

ボランティア活動をしていないとエントリーが出来ない。

いつも自分ばかり走るのではなくて、

県内の大会は、基本的にボランティア活動に励んでいた事が評価されるんだなと思いました。

来年は,しっかり準備して

完走したい。

今年は,怪我を推して出場したので、あえなくDNF

悔しい思い出http://takarun.com/trailrun/1529

また,阿蘇の最高の景色が観たくて…

良かったら下記をポチッとして下さい

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

総社市福山1234階段

久しぶりに総社市福山1,234階段走を行った。

ヨンマル

全部で5往復 累積標高1,190m

秋晴れの天候は、やっぱり気持ちよかった。滝汗を流しながらも秋の空気感とちょっとの紅葉は格別だ。

82歳のお爺ちゃん

途中お爺ちゃんと遭遇。挨拶を交わしたあと、ボクが往復練習していたので2回目も挨拶。その時に色々お話出来てお爺ちゃんが82歳だと知る。とても元気一杯でエネルギーを頂いた。やっぱり山で行き交う方々と挨拶を交わし会話をすると楽しい時間を共有出来るね。

また、お会いするのが楽しみだ。

ランクルで野山へ向かう時間は格別だ。

ランドクルーザー40

アウトドアライフ。

日常の中に楽しさは溢れている。

そんな大人な遊び暮らしを提案している

それが、ボクの仕事。

住宅設計士トレイルランナー

良かった下記をポチッとして下さい。励みになります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

200マイル, REPORT, Swiss Peaks 360, TRAIL RUN

Swiss Peaks 360 2019 No5

Swiss Peaks 360 No5

*GANDE DIXENCE 204.1 km  〜 CHAMPEX 251.6km D+3383

エイドで休養をとっている時に、友人になったベンジャミンからアドバイスをもらっていた。この先は、ガレ場が多くなる夜間にココを通るのは危険が付きまとうから睡眠時間は短めにして先々で寝た方が良いと。ありがたいアドバイスだったので言う通り1時間の仮眠にして先を急いだ。

このパート約46km。2,985m・2,883mこの大きなコルを2つ超える。

2,000m付近のダムを尻目に雄大な景色に心躍り、一人感動しながら大きな岩肌の斜面を登ったり3,000m越えた山々に雪渓が残りなんとも云えない光景が広がり感動しっぱなしだった。しかし、道中は足元が常に悪かったりフラッグが分かり難かったり先いくランナーを頼りに進んで行った。

2,817mGRAND DESERY エイドステーションは簡易エイド。テントを2張り張っただけ食料も乏しい。

しかし、スタッフと出会えて言葉を交わすだけで力をもらえる。嬉しいね。また、一緒に進んでいた日本人も心強く楽しかった。

二つ目のコルCol de Louvie 2883mを超えていくと約10kmの下りだ。

なんてコース設定だ。足が終わっているのに更に追い討ちをかけるような下りだ。夜になってコースが分かりづらく足元がおぼつかない。

オマケに寝不足で睡魔が襲ってくる幻覚は、今日も観る始末だ。それでも、楽しかった。

LE PLANPROZ 224km エイドを出て11km先のエイドを目指すのだが、急勾配の登りが待ち受ける。しかも深夜帯だけに周りにランナーが居ないと一人ぼっち。心細くなりがちでメンタルがやられそうになる。しかし、ココまで来てゴールしない理由なんて何もなかった。苦しい時に応援してくれている仲間を驚かせてやる!そう思いながら何とか乗り切った。

CABANE DE MILLE 236km エイドを出て約16km先のCHAMPEX 251kmを目指した。基本的に下り11kmくらいで標高差1,683m下る。その先4kmくらいアップD+670m。何とも云えないハードなパートだ。夜が明けて明るい時間帯なので下りが走れるようになっていた。とても不思議なのだが、走り方が代わり走れる。どうやってこうなったのか自分では全く分からない。自然に体が適応してくれた感覚だ。

幻覚を見た切り株。鶏の足に顔は牛だった(≧∇≦)

比較的走れるようなトレイルだったので思い切って脚を動かした。最後の登りは、ストックをガシガシ使い登りあげた。途中、何組かのハイカーさん達に遭遇。挨拶をココでも交わすとエネルギーを頂けた。会話って大事だ!エネルギーの等価交換だね。エイド直前に素敵な家があったのでしばし鑑賞してCHAMPEXに到着。

ココは、UTMBでも使われているライフベース。

Champex 251km

Swiss Peaksとも共有していた。エイドの食事は、食べやすいパスタだった。仮眠を取る前に頂き出発する前にも頂いた。他にも自分が持ち込んでいるα米や味噌汁なども一緒に食べた。仮眠時間は1時間程度で食事と合わせも2時間くらいだった。

次回は、UTMBコースを一部トレース

つづく

ここまで読んで頂きありがとうございます。

良かったらポチッと下記ボタンを押してください。


にほんブログ村

200マイル, REPORT, Swiss Peaks 360

Swiss Peaks 360 2019 No4

Swiss Peaks 360 No4

*ZINAL157.5km 〜 GANDE DIXENCE

204.1 km  D+3874

夕暮れ間近

このパート約46kmは、昨年引き返してきた因縁の区間だ。絶対に自分に負けないと誓って出発した。エイドを出て1200mの登りだ。シャキシャキ歩かないと陽が暮れて不安になるからガシガシ鼻息荒く登った。途中、夕陽に染まる山肌に魅了されてしばし鑑賞タイム。

20時を過ぎているのに。。。ココまで来てよかったと噛み締めた。2人のイタリア人が背後から迫ってきた。

僕より早いペースで進んでいたが食らいついて同行した。すると、僕の服装に興味を示してパンツは何処のメーカーだ!?って聞いてきた。日本のマウンテンマーシャルアーツだよって教えてあげるとレースが終わったら調べて購入したいって言っていた。

未知なるパートにコルが3ヶ所ある。2836m〜2915mだ。かなり手強いから20時間くらい掛ると考えていた。ココまでロクに寝てないので夜間パートに不安が出はじめた。

睡魔が何度も何度も襲ってくる。オマケに幻覚も見え始めた。始めは恐かったが、徐々に慣れて際毎にはまたねって感じで驚かなくなった。

コルの先に三日月

ゲレンデを登っていくと満天の星空に感動し、三日月もコルの間からみえ隠れ天候に恵まれていることに感謝しつつも歩み続けた。

登っては、下るこの繰り返しに脚も疲労困憊だった。時には10kmも下りが待ち構えている。どうやって下りたのかも分からなくなっていた。


スイスピークスのコースは、下りきったところがエイドでは無く、少し登りかえしてエイドがある。だから、毎回ちょっとくたびれてエイドに入ることが多くなる。この区間も最後204km手前に嫌らしい登りが待っていた。山頂から次のエイドは見えていたが、下り終えてから登りが4kmくらいあったであろう登り。途中文句を始めて口にしてしまった。自分が選んで望んだレースなのに。それでも、登りきってエイドに入ると、そこは今までにない綺麗で豪華なエイドだった。食事も美味しくシャワーも綺麗!個室のベットルームだ!至福のエイドに感謝した。

次回251kmエイドを目指して

最後まで読んで頂きありがとうございます。

下記のボタンをポチッと押してください。


にほんブログ村