Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

KUMAYAMA DARK NIGHT 4th

先日 Kumayama Dark Night 4th

参加させて頂きました。

スタッフの方々には、大変お世話になりました。

山頂エイド

知った方々が、運営しているおかげで

気心知れた人達に囲まれ

ついつい甘えてしまいました(^^)

ブリーティング

当日は 蒸し暑い梅雨真っ盛りの天候に

初めからやられました。

1登目を登っている最中

熱中症になってしまい、折り返した山頂で30分

寝込んでしまいました。

この時期の練習は、やっぱり気をつけないといけない。

その後は、30分睡眠のおかげで回復して

long time 走者達

約11時間 動き続けることができた。

日中から夜間走へ

夜間ヘッドライトを頼りにトレイルを走っていく

天候は、目まぐるしく変わり

雨が降ったり止んだり

濃霧になったり

視界不良ホワイトアウトの状況下でも

ゆっくり怪我する事も無く歩む事が出来た。

ロングレース対策として

このKumayama Dark Night に参加出来て良かった。

また、ギヤーや食事など大きな収穫があり

レース対策をするのに

この様な練習会は、本当にありがたい。

次戦は、swisspeaks360 https://www.swisspeaks.ch/sp_360_en.html

9月1日〜9月6日までの超long race

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF 2019ランナーへ

仲間がこんなステキな応援メッセージを

送ってくれた。

こんなの見たら魂揺さぶられて

絶対完走するぞ!っという

気持ちになる。

コレでまた一つ

モチベーションが上がった。

UTMF 2019 まで1ヶ月だ。

さぁー もう一踏ん張り練習するぞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

RUN, Trail 100マイル練習

総社吉備路マラソン2019

友人のサブ4ペーサーに突如任命され

必死に任務遂行したダイジェスト!

友人は 必死のパッチで見事

3:52:26

ゴールエリアへなだれ込んだ。

しばらく 立ち上がる事が出来なくなるほど

力を出し切ったのだ。

総社吉備路マラソン2019ダイジェスト

良かったら下記のバナーをポチって押してください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

REPORT, RUN

高知龍馬マラソン 2019

高知龍馬マラソン 初参加

晴天に恵まれた

晴れの国 岡山県人 晴れ男ぶりを発揮出来た。

さて 大会は

スタート前撮影

Aブロックに並ばせて頂き撮影隊としては最高の位置取り。

ジンバル持ってフルマラソンは初参戦。記録は狙わず、来週も走る事を考慮し決して無理はしない作戦。

スタート前 最前列へ

いざ スタートすると、周りのペースに圧倒され早くツッコミ過ぎて、慌ててペースダウン調整。

スタート直後

前半 走りやすいフラットな路面、沿道からの声援は暖かくブラスバンド部の音色は嬉しかった。

10km ~15km区間は田舎道へ。地元のおばあちゃん👵声援が嬉し過ぎた!thanks

お婆ちゃんの声援

15km~20km区間は、田舎道から浦戸大橋名物橋だ。GoPro撮影しながら走って登るには、相当キツイ大橋だ。

しかし 登りきって下ると、そこは大平洋が一望。

見事な絶景ポイント。

桂浜。

大阪からガンバフンバ隊が応援📣に!

太陽に照らされた海岸線は、キラキラ輝いて美しかった。ここまで この景色を眺めに来る価値はある。

20km ~32km続く海岸線を走る走る。

ココの区間は、メンタルを試される。

進んでも進んでも先が見え過ぎて萎える。しかし、トップ選手達とすれ違えるので励みになり刺激をもらえる。

何とか、32km折り返し迄来る事が出来たが、練習不足の脚には、力は残っていなかった。徐々に脚の疲労度が増し、ズルズル後退していく。

時折、ゼッケンに記載されている岡山県を呼んで頂き『岡山頑張れ!ファイト!』激励を頂くも脚の痛みと心がポキっと折れていたボクには、軽く手を振ることしか出来なかった( ´Д`)y━・~~

32km ~38km後続ランナーとすれ違う。ボクより余裕ある走りに感化されズルズル後退を何とか食い止めれた。

しかし、タイムを縮められるだけの力は 最早残っていない。何とか、3時間30分以内する為だけの走りに切り替えてゴールを目指した。

競技場が見え時計を見ると3時間25分ギリギリ切れると思い41kmの激坂を必死に駆け上がった。GoPro撮影も考えたが…

競技場からラスト撮影していると

間寛平さんが激励して下さり撮影も成功。最後はユルユルランにてゴール。

結果 3時間26分

今の実力だ。

ゴール後 ボクを待ち受けてくれた少年にメダルを掛けてもらえてホッと、嬉しかった。

さぁ 来週の吉備路マラソン大会

どう走れるか( ゚д゚)

ヤバイ。

良かったら、下記をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

RUN, Trail 100マイル練習

総社復興支援吉備路マラソン大会

総社復興吉備路マラソン大会の概要封書が届いた。

封書の中

こちらの大会には、度々出さして頂いている。なかなか、記録が伸びない大会だ。3時間13分で走ってから毎年記録が落ちていく。

総社吉備路マラソンコースは、精神的にも試されるコース設定となっている。同じところを2度走る!

2度走る!

なだらかな登り降りが幾つかあり

最もキツイ登りが待ち受ける。

しかも前半パートだ。

ココで脚を使い込むと16km付近から続く坂道に対応できない。結果 ハーフ21km辺りで辞めたいと思うようになる。

後半は、前半パートと同じ道をほぼ走るので

気持ちが折れる。

だから、ハートを試される大会なわけ。

とりわけ、

冬場のマラソンは、やっぱり調整しずらい。

なんでだろう…

走れるから、無理して追込み怪我して

調整不足のまま大会に出る。

結果 大会中に怪我してワースト記録更新_φ(・_・

今年は 高知龍馬マラソン2月17日日曜日のhttp://takarun.com/category/run

一週間後に この総社復興吉備路マラソンに参加だから、記録更新は諦めて

UTMF2019 http://takarun.com/trailrun/523

UTMF2018

UTMF を完走するための脚づくりと位置づけて臨むことにしている。疲労が残る中で、どこまで持ちこたえられるか、自分自身に課題を与えて走ることにした。

2月に入り 本格的に走れそうな体になってきたのでロードを中心にスピード強化と体を作りこんで

3月は、トレイルとロードのセット練習を多くして100マイルに備えていこう。

良かったら下記バナーをぽちっと押してください。

励みになります

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習

100 マイルを完走する為

今朝のフィールドは、アーバントレイル龍ノ口山

最近、よく来ているフィールドだ

低山ながらテクニカルトレイルもあり

心臓が飛び出そうな急登ありと

飽きる事ないフィールドだ。

時に自撮り

最高の眺望だ

2周目に入ると瞬く間に

ボクの脚は 悲鳴を上げる。なんてチキンな脚なんだ。

逆に 今後の伸びしろを感じる?

そんな思い出急登を登っていた

すると、キツツキがトントン音色の良い音が聞こえる

餌を探しているようだ。

キツツキ

100マイル完走する為には

補給食も重要だ。

練習時にも意識してレースと同じものを摂取するように努めることが重要だ。

ボクは、本日はオニギリ2個

4:45:35
25.28km
累積標高1,978m

明日 ロード練習だ。

起伏のある坂道走

キツイだろうな

良かったらポチッと押してください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

UTMF 2019

UTMF2019 向けて始動。

3日間連続練習。2019年1月14日初めは、早朝トレイルから。

夜明け前と言うか、深夜というか

午前4時スタートの会に参加。めちゃくちゃ眠たい中スタート。

岡山市中区にある龍ノ口山をぐるぐる回る。ヘットライトを頼りに15名くらい居たのだろうか。

暗闇の中進む参加者

変態集団だ。

僕もその一人となった(*´◒`*)

ロングレースでは、必ず一晩は暗闇の中レースは展開される。慣れておくには、絶好の機会と思い参加した。

暗闇の中しばらく進むと絶景が広がる

岡山市内の灯りが綺麗だ

苦しい練習の時にこんな景色を見つけられるテンションが上がる。疲れや寒さを忘れられる。

龍ノ口山頂から

なんて素敵な夜景なんだ。

この時気温は2℃。

こんな寒さも忘れさせてくれる。

さぁ、下山してもう一周行こう!

今度は、朝陽を見に行こう。

木々の間から朝日が

今朝も天気が良かったので御来光チャンス。

山頂に近づいて来たがまだ早い。

一旦下山して別ルートから御来光を拝む。

御来光待ち

参加者で御来光待ちしていると一気に気温が下がり寒さを感じるようになる。

そして遂に御来光を・・・

御来光を拝む

この後もう一周、山頂めがけてひたすらアップダウンを繰り返し

朝の山頂

夜とは全く異なるこの景色。やっぱり何度見ても岡山市内が一望できて素敵な景色だ。早朝練習して本当に良かったとしみじみ感じた。

4時間ちょっと動き続け23kmくらいD+2,000mは超えていた。

1日目は、上出来だった。

さぁー

UTMF 100マイル完走準備は、コツコツこれからだ。

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです


にほんブログ村


にほんブログ村


TRAIL RUN

100マイル完走する練習方法

100マイル完走する為に

Swisspeaks360 どこ撮っても絵になる

3ヶ月前から準備出来ることは何か?

今までの経験とトレイルランニングなどの雑誌を参考にスケジュールを立てていく事が重要だ。

やたらめったら、走れば良いものではない。

現状の脚力・体力を客観的に把握することが3ヶ月後の100マイル完走する為の鍵となる。因みに、今の僕の体力はフルマラソンで例えると5時間をギリギリ切れるかどうかの体力と脚力だ。ここから3時間〜3時間15分で完走出来る脚力 体力に仕上げていく。

かなりハードルが高い…

暗闇の向こうに灯が見える、そんな心境だ

初めて100マイルを走る方にとっては、未知の世界で怖さ恐怖どうやって練習していけば良いか分からない、不安でいっぱいだと思う。

ボクも、初めての時は同じ気持ちだった。

夕陽に浮かび上がる月

今後、僕が行なっている練習メニューを共有できたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村


TRAIL RUN

100mile 完走する為に

いよいよ3ヶ月余りでUTMFウルトラトレイルマウントフジが開催される。

昨年も出場し完走はしているものの結果には、全く満足いかなかった。この悔しさを糧に今年は同じ失敗をしないようにトレーニングを積んで行こうと決めている。

さて やっと脚の調子も徐々に回復してきたところ。里山トレイル倉敷縦走路を走り現状体力脚力を図ろうと考え望んだ。

走行距離23km

上昇1,200m

下昇1,228m

最高高度241m

いつものコースこんなところも魅力的だ。

エビスがお出迎えして下さっています

晴天に恵まれ、寒気の中だったけどホッコリ出来る場所だ。

この場所から一気にコースは南下し倉敷市西坂台へ向かって走り出した。

ふかふかトレイル

木漏れ日が眩しい

走れる場所だから気持ちいい!

 

倉敷市 水島コンビナートまで一望出来る

走って感じたことは

体力 脚力が、相当落ちている事を実感した。このままでは、完走すら危うい。

焦って急激にギア上げていくと怪我再発しそうだ。ココは、落ち着いて現状把握出来た事を良しとして

 

今後のプランニングを練り直し状態を上げていこう。

明日 疲労抜きLSD

体の状態を毎日観察する事を心がけて自己ケアをしっかり行うこと。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

New Year Trail  In Kumayama

明けましておめでとうございます。

今年もこの季節がやって来た。

お正月恒例のトレイルランレース熊山

コースマップ

岡山県瀬戸内市長船 赤磐市 和気を舞台にレースが繰り広げられた。

午前6時 三日月

晴天にも恵まれトレイルコンディションも最高、選手たちも満面の笑みを浮かべて山を駆け抜けていた。

 

スタートすると600m程、ロードを走りトレイルへと入っていく。急登な道が続き山頂へとひたすら駆け登る。

途中 振り返ると素晴らしい絶景が待っている。この景色を楽しみに来るだけでも満足出来る。

長船インターから坂根コースを登って見える場所

山頂エイドへ着くと豪華な食べ物が並び、ついつい長居してしまう。

山頂エイドは、充実した食べ物ドリンクでいっぱい

選手は、弓削コースへ下り

ロードを挟んで大谷の沢登り、ココがエグイコース!中々、進まない。心が折れ曲がってしまう…

選手たちは、こんな平坦なコース設定は…和かに苦しんでいた。

もう一度 山頂エイドで休憩して

満願寺エイドへと…

ここまでは、走れるコースなので前半脚を使った選手は、苦しかったと思う。

満願寺エイド近くの急登

満願寺エイドを出るとホロロ谷へ

ココは、夏に訪れたい場所。沢の水が溢れて気持ちいい〜

何度もドボン出来て冷却効果が期待できる。

ただ ココもタフなコース設定となっている為、行くども行くども進まない…

保々呂谷コース

辛抱強く歩みを続けるとやがて谷の上に登ることができる。そこから山頂までトレイルを挟んでロードから熊山山頂へ進んでいった。

熊山山頂エイド

僕の任務は、すでに終わっていたので山頂からは、ショートコースを下山していった。

ここ下山して行く坂根コースは、いつも走り慣れているので自然と足が軽やかに動く。とても気持ちいい降りだ。ついついスピードが出てしまうので要注意しながら歩みを進めた。

このNew Year Trail Kumayama 35km ロングコースだが、走りごたえのあるタフなコースとなっているので、覚悟して練習する必要があると感じた。

ロングレースやショートレースに出るにしても、ここ熊山で練習すると自信を持って大会に臨めると思う。

 

最後にこの熊山レースは、記録会という名が付いているだけあってレース後の表彰式やじゃんけん大会など参加者にとって嬉しい特典がいっぱいだ。

ジャンケン大会でお宝ゲット

最後にこの大会を核となって運営して下さった方々。

運営者

本当にお疲れ様でした。有難うございました。

最後は全員でパシャパシャ
にほんブログ村 その他スポーツブログへ


にほんブログ村