REPORT, TRAIL RUN

Ultra Trail Mt.Fuji 2019

Ultra-Trail Mt.Fuji 2019 

富士山

自然と融合するスポーツ

もしかしたら

吹雪で中止になるかも…

そうよぎった直後

呆気ない幕切れだった…

大平山山頂手前

半年掛けて準備を進めてきて

よし、今年は昨年タイムより大幅に上回って帰って来ようと望んだレースだった。

自然体で毎日の暮らしを過ごし

特に食事制限もしない形で臨んで

結果は、どう出るのか?

試すチャンスの大会でもあった。

レース当日

雨模様。降ったり止んだり

スタートゲート前

低体温にならないように考えてスタートを切った。

コンディションは、良くも悪くもない普通な状態だった。

前半は、無理せず飛ばし過ぎず落ち着いていこうと心がけていた。

こどもの国から富士宮まで走れるパートだが

抑えて抑えて、想定内の時間で走りきれた。

ウォーターエイド

富士宮エイドで偶然にも桃太郎=古川兄さんに出会う。エネルギーを頂き一緒に麓エイドを目指すことにした。

桃太郎さんと記念に!

しばらく並走して桃太郎さんは

少しゆっくり行くからと…

1人になった。

会話しながらトレイルを堪能

天子ケ岳に入り一気にトレイルへ

胃腸は、大丈夫だが

体・脚が重たく前に進まない。

なんかオカシイ。

天子ケ岳山頂を目指し

降り続く雨は止む気配はない。

霧が出てきて視界が悪く夜になると

乱反射で見えなくなると思い

ヘッドライトは最小限の明るさにしてハンドライトで足元を照らすようにした。

コレがいい感じに作用して下りが思いのほか軽快に下れた。

天子ケ岳山頂から長者ケ岳を抜けて熊森山までアップダウンは、ズルズル田んぼのような箇所もありかなり苦戦した。ココで、岡山勢の林さんに会い元気を頂いた。

とても元気な姿

熊森山から麓エイドまでほぼ下りだが、

ココが、1番酷いドロ泥状態だった。および腰のランナーさんが多く渋滞発生。

待ってられないと思い果敢に攻めて転けても大丈夫と開き直って歩みを進めて行った。

すると、渋滞待ちしていた岡山勢の中尾君が声を掛けてくれ、笑いながら降りていけた。

麓エイド前

麓エイドでは、岡山から沢山のサポーターが来てくれて声を掛けて頂き元気を頂けました。

羅針盤メンバー

ホンマ嬉しかった。

麓エイドから本栖湖エイドを目指し出発。

少しずつ登っていくトレイルは走らされる。無駄なエネルギーは、使いすぎないようにと自分をコントロールする事を忘れず前に進めていった。

端足峠・竜ヶ岳の登りの記憶が残っていない。

ただ竜ヶ岳からの下りから本栖湖までは、何となく記憶がある。

本栖湖エイド

本栖湖エイドでロールパンに自前のツナマヨネーズをつけて補給。コレは、美味かった!

本栖湖エイドから精進湖民宿村まではそんなにキツイ区間ではなかった。深夜にさしかかってくるトレイルなので、寝ないようにだけ注意して歩みを進めた。

鳥帽子岳からのトレイルは、走りやすく調子よく下れて気持ちよかった。

ドロップバックを受け取り体育館へ

ドロップバックのある、精進湖民宿村にはマッサージが受けられるブースがありトレーナーさんと会話しながら20分近く揉んでもらった。着替えと補給で回復して再出発する頃には、夜が明けていた。

岡山からボランティア

勝山エイド目指し歩みを進めた。エイドを出て直ぐに岡山からボランティアに参加されていた前田さんに出会いエネルギーを頂き長いナガイロードを歩く事なくトレイル入口まで来れた。ここから紅葉台1165m・足和田1355mを目指しパワーウォークでガツガツ登っていった。比較的天候も安定してした唯一の区間だった。

勝山エイドでは、岡山から羅針盤メンバーがホットサンドとどん兵衛を提供してくださり嬉しかった。とてもいいエネルギーを頂き感謝してエイドを後にした。

勝山エイドから忍野エイドまでは、標高差はさほどなく走れるパートが多かったが、100km越えてきていたので歩きが多くなってきた。次第に雨が強くなり寒さも感じ始めた。

晴れていたら富士山が

忍野エイドに入ると装備品チェック。

携帯充電量20%以上・レインパン・ライト・サバイバルブランケットなど最重要であろう項目チェック。ココで1つでもかけていると失格。ボクの斜め前の女性は、ライト電池不足の為失格と…

忍野のエイドで岡山から一緒に走ってきた谷名さんと一緒になった。雨が強くなりカッパ上下を着て忍野のエイドを後にした。

お互い脚が痛いので歩きでロードを進んで行った。雨粒は大きく冷たくなる一方で、トレイルに入ると次第にミゾレ混じりに変わり雪が降り始めた。

雨から雪へ

そんな積りはしないだろうと思って大平山を目指していると雷注意報発令とスタッフの方に教えられて1295m大平山山頂手前で本降りの雪に変わり五分後には積り始めた。

このままでは、中止になるかもしれないとよぎる。

雪は、しんしんと降り続け

あっとゆーまに5cmくらい積もった。

本部からSNSが鳴り響く

白銀の世界
大平山山頂

山中湖きららエイド127 kmまで…

ラストメッセージだった。

2019 Ultra Trail Mt.Fuji 

ココでレースは、終わった。

雨から雪に変わった山空は

一瞬で白銀の世界に変える力があり

自然の怖さを感じた。

一瞬で冬模様

下山して山中湖きららエイドに入る手前

今大会中、一度も顔を見せなかった

富士山が、雪化粧した姿で現れた。

なんとも

皮肉なタイミングだった。

今回のレースでは

岡山県から沢山の仲間が出場したり

サポートに来て下さったり

本当に心強く嬉しかった。

ありがとうございます。

今後は、何かの形で恩返ししたいです。

岡山県から参加メンバーと記念にパシャパシャ

下記のボタンをポット押して頂けると嬉しいです


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF 2019ランナーへ

仲間がこんなステキな応援メッセージを

送ってくれた。

こんなの見たら魂揺さぶられて

絶対完走するぞ!っという

気持ちになる。

コレでまた一つ

モチベーションが上がった。

UTMF 2019 まで1ヶ月だ。

さぁー もう一踏ん張り練習するぞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF2019 攻略会議IN岡山

UTMF2019 戦略会議 IN OKAYAMA

今年UTMFに出場する岡山のトレイルランナーが集結して戦略会議を開催した。

目的は、全員完走する為だ。

この大会を5回完走している

ツワモノ が講師を務めてくださりコース全貌をレクチャーしてくれた。

レースの鍵

コースの細かな注意点

それと レースペースだ。

自分と同じくらいにフィニッシュするだろうランナーログを参考にペースを組み立てる。

大豆をペースト状に豆腐で繋ぎ味噌で味付け

ビーガン料理メインに美味しく食事をしながら互いに語り励ましあい

ワキアイアイとなる場面も

最後は100マイルの厳しさを知り

リタイアになり得る要因を挙げてくれ

攻略方法も伝授してくれた。

岡山県を例えてコースマップを作成

これだけ 懇切丁寧に実例を交えながら解説してくれる強者ランナーは、やっぱリ人間力に溢れていた。

さあ、練習あるのみ。

明日から頑張るぞ

甘酒ベースのおしるこ

お読み頂き良ければポチッと押してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

REPORT, TRAIL RUN

総社宮杯アーバントレイル龍ノ口2019

総社宮杯アーバントレイル龍ノ口2019

晴天の中開催された。

ローカル大会だけど、200人以上の選手が参加

コレは、想像以上に凄いことになった。

パンフレットが手が込んであって素晴らしい!

このyoutubeにアップした内容は

極一部だ

パンフレットは手が込んであって素晴らしい!

また、来年も開催されると嬉しいっす

特に これからトレイルランを始めたいと思っている方にとっては、始めの第一歩的な大会で参加しやすい。是非 来年参加されてみてはどうでしょうか!

良かったら ポチッと押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

総社宮杯アーバントレイル龍ノ口

いよいよ明日に迫って来ました。

総社宮杯 アーバントレイル龍ノ口https://m.facebook.com/u.t.tatsunokuchi/

スタッフの皆様と一緒に内職をさせて頂きました。


内職会場は フレイズさん美容室

お洒落な美容室で オシャレな封入作業。テンション上がる上がる。

なんだろう、この気持ち。

パンフレットがお洒落だ!

こんなのが、当日もらえるなんて

嬉しか!

明日の天気も良くなる予報で…

晴れてくれ!

総社宮杯アーバントレイル龍ノ口

選手 スタッフの笑顔が 溢れる大会になる事を願っている。

それでは、会場で元気に会いましょう!

良かったら ポチッと下記バナーを押してください。


にほんブログ村





Trail 100マイル練習

100 マイルを完走する為

今朝のフィールドは、アーバントレイル龍ノ口山

最近、よく来ているフィールドだ

低山ながらテクニカルトレイルもあり

心臓が飛び出そうな急登ありと

飽きる事ないフィールドだ。

時に自撮り

最高の眺望だ

2周目に入ると瞬く間に

ボクの脚は 悲鳴を上げる。なんてチキンな脚なんだ。

逆に 今後の伸びしろを感じる?

そんな思い出急登を登っていた

すると、キツツキがトントン音色の良い音が聞こえる

餌を探しているようだ。

キツツキ

100マイル完走する為には

補給食も重要だ。

練習時にも意識してレースと同じものを摂取するように努めることが重要だ。

ボクは、本日はオニギリ2個

4:45:35
25.28km
累積標高1,978m

明日 ロード練習だ。

起伏のある坂道走

キツイだろうな

良かったらポチッと押してください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trailrun 打上げ

New Year Trail In Kumayama    打上げ慰労会

NEW YEAR TRAIL IN KUMAYAMAhttp://hko.zouri.jp/index.html 打上慰労会が行われた。

2019年1月3日に行われたNYTKスタッフ慰労会だ。

当日スタッフとして参加した者だけではなく、コースセービング・前日準備や後日後片付けを手伝ってくださったスタッフ全員が参加出来る仕組み。

何と言っても、このNYTKはスタッフ皆さんが楽しむことが出来るレースなのも醍醐味だ。

また、こういう場で友人づくりも繋がり多くの人脈が生まれる。

一人ひとりの打ち上げ時のコメントも面白いネタが満載。

皆さんスベらない話とお酒が止まらない。

そんなアットホームな大会の打ち上げ。

走る選手としても楽しいが

こうしてスタッフとして関わらせて頂けることに感謝。

また、来年もスタッフ=スイーパーで参加したい。http://hko.zouri.jp/index.html

最後は、参加者全員でパシャ

2019年NYTK打上慰労会
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

100mile UTMF 完走するために

100mile完走するためのセット練習3日目。いつもの里山=倉敷縦走路を試走した。天気も良く凛とした空気の中で走るトレイルは至福のひと時だ。

ただ、3日目となると体のダメージもそこそこ感じられて、自分が思い描いているような走りは出来ない。

そう、これがセット練習の醍醐味だ。100mileを走るとなると体は思うように動かない。

この動かない体に鞭打って走らせる。

登りは、ゼーハー

下りは、捻挫しないよう慎重に・・・

時折、景色をみて楽しもうとパシャパシャ撮影会を行う。これもトレランの楽しみである。

半分走って、自動販売機で栄養補給を行う。

コレが、メチャクチャ旨くて体に染み渡りホット出来る一瞬だ。

鉄塔と青空

シンプルで好きな景色だ。

今日は、23km  D+1,184

三日間で75km  累積D+3,319m

実りのある練習だった。第一クール終了。

にほんブログ村

TRAIL RUN

100mile 完走する為に

いよいよ3ヶ月余りでUTMFウルトラトレイルマウントフジが開催される。

昨年も出場し完走はしているものの結果には、全く満足いかなかった。この悔しさを糧に今年は同じ失敗をしないようにトレーニングを積んで行こうと決めている。

さて やっと脚の調子も徐々に回復してきたところ。里山トレイル倉敷縦走路を走り現状体力脚力を図ろうと考え望んだ。

走行距離23km

上昇1,200m

下昇1,228m

最高高度241m

いつものコースこんなところも魅力的だ。

エビスがお出迎えして下さっています

晴天に恵まれ、寒気の中だったけどホッコリ出来る場所だ。

この場所から一気にコースは南下し倉敷市西坂台へ向かって走り出した。

ふかふかトレイル

木漏れ日が眩しい

走れる場所だから気持ちいい!

 

倉敷市 水島コンビナートまで一望出来る

走って感じたことは

体力 脚力が、相当落ちている事を実感した。このままでは、完走すら危うい。

焦って急激にギア上げていくと怪我再発しそうだ。ココは、落ち着いて現状把握出来た事を良しとして

 

今後のプランニングを練り直し状態を上げていこう。

明日 疲労抜きLSD

体の状態を毎日観察する事を心がけて自己ケアをしっかり行うこと。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

New Year Trail  In Kumayama

明けましておめでとうございます。

今年もこの季節がやって来た。

お正月恒例のトレイルランレース熊山

コースマップ

岡山県瀬戸内市長船 赤磐市 和気を舞台にレースが繰り広げられた。

午前6時 三日月

晴天にも恵まれトレイルコンディションも最高、選手たちも満面の笑みを浮かべて山を駆け抜けていた。

 

スタートすると600m程、ロードを走りトレイルへと入っていく。急登な道が続き山頂へとひたすら駆け登る。

途中 振り返ると素晴らしい絶景が待っている。この景色を楽しみに来るだけでも満足出来る。

長船インターから坂根コースを登って見える場所

山頂エイドへ着くと豪華な食べ物が並び、ついつい長居してしまう。

山頂エイドは、充実した食べ物ドリンクでいっぱい

選手は、弓削コースへ下り

ロードを挟んで大谷の沢登り、ココがエグイコース!中々、進まない。心が折れ曲がってしまう…

選手たちは、こんな平坦なコース設定は…和かに苦しんでいた。

もう一度 山頂エイドで休憩して

満願寺エイドへと…

ここまでは、走れるコースなので前半脚を使った選手は、苦しかったと思う。

満願寺エイド近くの急登

満願寺エイドを出るとホロロ谷へ

ココは、夏に訪れたい場所。沢の水が溢れて気持ちいい〜

何度もドボン出来て冷却効果が期待できる。

ただ ココもタフなコース設定となっている為、行くども行くども進まない…

保々呂谷コース

辛抱強く歩みを続けるとやがて谷の上に登ることができる。そこから山頂までトレイルを挟んでロードから熊山山頂へ進んでいった。

熊山山頂エイド

僕の任務は、すでに終わっていたので山頂からは、ショートコースを下山していった。

ここ下山して行く坂根コースは、いつも走り慣れているので自然と足が軽やかに動く。とても気持ちいい降りだ。ついついスピードが出てしまうので要注意しながら歩みを進めた。

このNew Year Trail Kumayama 35km ロングコースだが、走りごたえのあるタフなコースとなっているので、覚悟して練習する必要があると感じた。

ロングレースやショートレースに出るにしても、ここ熊山で練習すると自信を持って大会に臨めると思う。

 

最後にこの熊山レースは、記録会という名が付いているだけあってレース後の表彰式やじゃんけん大会など参加者にとって嬉しい特典がいっぱいだ。

ジャンケン大会でお宝ゲット

最後にこの大会を核となって運営して下さった方々。

運営者

本当にお疲れ様でした。有難うございました。

最後は全員でパシャパシャ
にほんブログ村 その他スポーツブログへ


にほんブログ村