REPORT, TRAIL RUN

Ultra Trail Mt.Fuji 2019

Ultra-Trail Mt.Fuji 2019 

富士山

自然と融合するスポーツ

もしかしたら

吹雪で中止になるかも…

そうよぎった直後

呆気ない幕切れだった…

大平山山頂手前

半年掛けて準備を進めてきて

よし、今年は昨年タイムより大幅に上回って帰って来ようと望んだレースだった。

自然体で毎日の暮らしを過ごし

特に食事制限もしない形で臨んで

結果は、どう出るのか?

試すチャンスの大会でもあった。

レース当日

雨模様。降ったり止んだり

スタートゲート前

低体温にならないように考えてスタートを切った。

コンディションは、良くも悪くもない普通な状態だった。

前半は、無理せず飛ばし過ぎず落ち着いていこうと心がけていた。

こどもの国から富士宮まで走れるパートだが

抑えて抑えて、想定内の時間で走りきれた。

ウォーターエイド

富士宮エイドで偶然にも桃太郎=古川兄さんに出会う。エネルギーを頂き一緒に麓エイドを目指すことにした。

桃太郎さんと記念に!

しばらく並走して桃太郎さんは

少しゆっくり行くからと…

1人になった。

会話しながらトレイルを堪能

天子ケ岳に入り一気にトレイルへ

胃腸は、大丈夫だが

体・脚が重たく前に進まない。

なんかオカシイ。

天子ケ岳山頂を目指し

降り続く雨は止む気配はない。

霧が出てきて視界が悪く夜になると

乱反射で見えなくなると思い

ヘッドライトは最小限の明るさにしてハンドライトで足元を照らすようにした。

コレがいい感じに作用して下りが思いのほか軽快に下れた。

天子ケ岳山頂から長者ケ岳を抜けて熊森山までアップダウンは、ズルズル田んぼのような箇所もありかなり苦戦した。ココで、岡山勢の林さんに会い元気を頂いた。

とても元気な姿

熊森山から麓エイドまでほぼ下りだが、

ココが、1番酷いドロ泥状態だった。および腰のランナーさんが多く渋滞発生。

待ってられないと思い果敢に攻めて転けても大丈夫と開き直って歩みを進めて行った。

すると、渋滞待ちしていた岡山勢の中尾君が声を掛けてくれ、笑いながら降りていけた。

麓エイド前

麓エイドでは、岡山から沢山のサポーターが来てくれて声を掛けて頂き元気を頂けました。

羅針盤メンバー

ホンマ嬉しかった。

麓エイドから本栖湖エイドを目指し出発。

少しずつ登っていくトレイルは走らされる。無駄なエネルギーは、使いすぎないようにと自分をコントロールする事を忘れず前に進めていった。

端足峠・竜ヶ岳の登りの記憶が残っていない。

ただ竜ヶ岳からの下りから本栖湖までは、何となく記憶がある。

本栖湖エイド

本栖湖エイドでロールパンに自前のツナマヨネーズをつけて補給。コレは、美味かった!

本栖湖エイドから精進湖民宿村まではそんなにキツイ区間ではなかった。深夜にさしかかってくるトレイルなので、寝ないようにだけ注意して歩みを進めた。

鳥帽子岳からのトレイルは、走りやすく調子よく下れて気持ちよかった。

ドロップバックを受け取り体育館へ

ドロップバックのある、精進湖民宿村にはマッサージが受けられるブースがありトレーナーさんと会話しながら20分近く揉んでもらった。着替えと補給で回復して再出発する頃には、夜が明けていた。

岡山からボランティア

勝山エイド目指し歩みを進めた。エイドを出て直ぐに岡山からボランティアに参加されていた前田さんに出会いエネルギーを頂き長いナガイロードを歩く事なくトレイル入口まで来れた。ここから紅葉台1165m・足和田1355mを目指しパワーウォークでガツガツ登っていった。比較的天候も安定してした唯一の区間だった。

勝山エイドでは、岡山から羅針盤メンバーがホットサンドとどん兵衛を提供してくださり嬉しかった。とてもいいエネルギーを頂き感謝してエイドを後にした。

勝山エイドから忍野エイドまでは、標高差はさほどなく走れるパートが多かったが、100km越えてきていたので歩きが多くなってきた。次第に雨が強くなり寒さも感じ始めた。

晴れていたら富士山が

忍野エイドに入ると装備品チェック。

携帯充電量20%以上・レインパン・ライト・サバイバルブランケットなど最重要であろう項目チェック。ココで1つでもかけていると失格。ボクの斜め前の女性は、ライト電池不足の為失格と…

忍野のエイドで岡山から一緒に走ってきた谷名さんと一緒になった。雨が強くなりカッパ上下を着て忍野のエイドを後にした。

お互い脚が痛いので歩きでロードを進んで行った。雨粒は大きく冷たくなる一方で、トレイルに入ると次第にミゾレ混じりに変わり雪が降り始めた。

雨から雪へ

そんな積りはしないだろうと思って大平山を目指していると雷注意報発令とスタッフの方に教えられて1295m大平山山頂手前で本降りの雪に変わり五分後には積り始めた。

このままでは、中止になるかもしれないとよぎる。

雪は、しんしんと降り続け

あっとゆーまに5cmくらい積もった。

本部からSNSが鳴り響く

白銀の世界
大平山山頂

山中湖きららエイド127 kmまで…

ラストメッセージだった。

2019 Ultra Trail Mt.Fuji 

ココでレースは、終わった。

雨から雪に変わった山空は

一瞬で白銀の世界に変える力があり

自然の怖さを感じた。

一瞬で冬模様

下山して山中湖きららエイドに入る手前

今大会中、一度も顔を見せなかった

富士山が、雪化粧した姿で現れた。

なんとも

皮肉なタイミングだった。

今回のレースでは

岡山県から沢山の仲間が出場したり

サポートに来て下さったり

本当に心強く嬉しかった。

ありがとうございます。

今後は、何かの形で恩返ししたいです。

岡山県から参加メンバーと記念にパシャパシャ

下記のボタンをポット押して頂けると嬉しいです


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF 2019ランナーへ

仲間がこんなステキな応援メッセージを

送ってくれた。

こんなの見たら魂揺さぶられて

絶対完走するぞ!っという

気持ちになる。

コレでまた一つ

モチベーションが上がった。

UTMF 2019 まで1ヶ月だ。

さぁー もう一踏ん張り練習するぞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF 2019完走目指して
風が強く寒かった

UTMF攻略会議に参加して

熱い気持ちのまま

いつもの龍ノ口グリーンシャワーの森へ

体は、前日の練習で疲労していた

レースの時は、もっと過酷な疲労の中

自分との戦いになる。

自分が掲げた目標に向かって

練習あるのみだ

一周15km D+1,300m

このコースを2周するのだ。

疲労感がハンパない。

弱音を吐いても誰も助けてくれない。

ただ 弱音と痛み=怪我は

全く別物

そこだけは、細心の注意を払っていかなければ…

今日は、強風だ。

花粉症のボクには、最悪のコンディションだが

レースは、待ってくれない。

クシャミ鼻水 目のかゆみ

三拍子揃って最高ですわ。

山頂からの景色は最高

重たい体を引きづりながらも

31km

D +2,574

約6時間 行動

コレで一歩完走へ近づけたかな

良かったら下記のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

UTMF2019 攻略会議IN岡山

UTMF2019 戦略会議 IN OKAYAMA

今年UTMFに出場する岡山のトレイルランナーが集結して戦略会議を開催した。

目的は、全員完走する為だ。

この大会を5回完走している

ツワモノ が講師を務めてくださりコース全貌をレクチャーしてくれた。

レースの鍵

コースの細かな注意点

それと レースペースだ。

自分と同じくらいにフィニッシュするだろうランナーログを参考にペースを組み立てる。

大豆をペースト状に豆腐で繋ぎ味噌で味付け

ビーガン料理メインに美味しく食事をしながら互いに語り励ましあい

ワキアイアイとなる場面も

最後は100マイルの厳しさを知り

リタイアになり得る要因を挙げてくれ

攻略方法も伝授してくれた。

岡山県を例えてコースマップを作成

これだけ 懇切丁寧に実例を交えながら解説してくれる強者ランナーは、やっぱリ人間力に溢れていた。

さあ、練習あるのみ。

明日から頑張るぞ

甘酒ベースのおしるこ

お読み頂き良ければポチッと押してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

TRAIL RUN

100mile UTMF 完走するために

100mile完走するためのセット練習3日目。いつもの里山=倉敷縦走路を試走した。天気も良く凛とした空気の中で走るトレイルは至福のひと時だ。

ただ、3日目となると体のダメージもそこそこ感じられて、自分が思い描いているような走りは出来ない。

そう、これがセット練習の醍醐味だ。100mileを走るとなると体は思うように動かない。

この動かない体に鞭打って走らせる。

登りは、ゼーハー

下りは、捻挫しないよう慎重に・・・

時折、景色をみて楽しもうとパシャパシャ撮影会を行う。これもトレランの楽しみである。

半分走って、自動販売機で栄養補給を行う。

コレが、メチャクチャ旨くて体に染み渡りホット出来る一瞬だ。

鉄塔と青空

シンプルで好きな景色だ。

今日は、23km  D+1,184

三日間で75km  累積D+3,319m

実りのある練習だった。第一クール終了。

にほんブログ村

TRAIL RUN

UTMF 2019

UTMF2019 向けて始動。

3日間連続練習。2019年1月14日初めは、早朝トレイルから。

夜明け前と言うか、深夜というか

午前4時スタートの会に参加。めちゃくちゃ眠たい中スタート。

岡山市中区にある龍ノ口山をぐるぐる回る。ヘットライトを頼りに15名くらい居たのだろうか。

暗闇の中進む参加者

変態集団だ。

僕もその一人となった(*´◒`*)

ロングレースでは、必ず一晩は暗闇の中レースは展開される。慣れておくには、絶好の機会と思い参加した。

暗闇の中しばらく進むと絶景が広がる

岡山市内の灯りが綺麗だ

苦しい練習の時にこんな景色を見つけられるテンションが上がる。疲れや寒さを忘れられる。

龍ノ口山頂から

なんて素敵な夜景なんだ。

この時気温は2℃。

こんな寒さも忘れさせてくれる。

さぁ、下山してもう一周行こう!

今度は、朝陽を見に行こう。

木々の間から朝日が

今朝も天気が良かったので御来光チャンス。

山頂に近づいて来たがまだ早い。

一旦下山して別ルートから御来光を拝む。

御来光待ち

参加者で御来光待ちしていると一気に気温が下がり寒さを感じるようになる。

そして遂に御来光を・・・

御来光を拝む

この後もう一周、山頂めがけてひたすらアップダウンを繰り返し

朝の山頂

夜とは全く異なるこの景色。やっぱり何度見ても岡山市内が一望できて素敵な景色だ。早朝練習して本当に良かったとしみじみ感じた。

4時間ちょっと動き続け23kmくらいD+2,000mは超えていた。

1日目は、上出来だった。

さぁー

UTMF 100マイル完走準備は、コツコツこれからだ。

良かったら下記をポチッとして頂けると嬉しいです


にほんブログ村


にほんブログ村


REPORT, TRAIL RUN

Swisspeaks360. No4

Swisspeaks360km

記録としてNo4

コースマップ

それからしばらく下るとCHASERSTATT 1,772mエイドに到着。少し肌寒かったのでロッジの様なスキー場のレストランだったので室内で食事🍽着替えを済ませた。ここからホットウォーターを常に携帯する様になった。お茶もホットに切り替え内臓を冷やさないように努めた。ストレッチを繰り返し行っていたので、いつもエイドを出る時脚の状態はフレッシュで走れていた。次のエイドに向けて出発。もう この時は、時間を全く気にしないようにしていた。計画タイムラインは、既に崩壊していたので亀さんペースを目標に切り替えて、時間が少しでも貯金出来れば良いとしていった。

目指すはRappetl 2,000mを超えてEggerhom2,455mを頂点に区間約13.5km BINN 1,409m  56.3km。エイドを出て直ぐは下り基調のシングルトラックで夜間だったが気持ち良く走れた。それから次第に登り基調へと変化して行くと大きな川の清流が聞こえた。

2日目の山
Eggerhom 2,455m

ここの区間は、割と狭いシングルトラックだったので滑落しないように最新の注意を払って小走りしたり歩いたりを繰り返して前を行く灯を追った。エイドを出て2,200mまでは独りぼっち走だったが、迷いや怖さは全くなかった。むしろ灯を探して旅しいる様に感じていた。山頂手前でグループ集団を捕まえたが、ボクがガス欠状態。無理して前を追っていたんだと感じた。同時に高山病の様な症状が度々みられた。頭がぼっとして全身に力が入らなくなる。2,000m前後から、この様な状態に陥ってしまう。ゆっくり腰を下ろしてジェルを流し込んでいると雨が降りだり再びシェルを上下出し冷えていたので防寒手袋(ニット系+防水テラノバ)に変更した。ここまで 寒さ対策は十分考えていたので全く動じずに済んだ。登り約200m ゆっくりだが確かな歩みを刻めた。前半作った貯金は、着替えやこの後の下りで少しづつ無くなっていった。ボクは 下りに入る前 、必ずストレッチを入れる。それは、登りで無理してない様に思えた脚が かなり使っているからだ。山頂からの下り約4kmくらい一気に下る。途中シェルを脱いで暑さ対策を行い半袖で半パン姿になりボチボチBlNNを目指した。主にシングルトラックから林道に移り変わり長い下り坂を小走りに駆けて行く。到着した最初のライフベースキャンプ地は、消防署の中だった。ライフベースの中は、ランナーでごった返していた。早く寝て回復させたかったが、シングルベッドは既に一杯でキャンセル待ち。2段ベット2人でシェアする大部屋へ。ここでも、満室なので切替えて食事優先に🍽いつも美味しく頂いているパスタが、美味しく感じない。何だ味覚が変わった?それとも味付けが合わないのか?残して、持ってきたアルファ米を食す事にした。今回の旅で 1番美味しいと感じた。ここまでジェルばかり摂取していたので、体が欲していたのだ。そして、味噌汁!これまた体に染み渡り最高だった。一旦、胃袋も落ち着いたので寝る様にした。約1時間くらいの予定。歩みが遅かったので仕方がない。雑魚寝で寝ていたが、どうも時間がない事で焦っていて寝付けなかった。仕方なく起きてもう一度食事を簡単に済ませ身支度を整えてながら充電やジェルの入れ替えなど行う。エイドの所要時間約2時間ちょっと。いつもながら、長すぎて自分にうんざりした。こりゃ 日頃から身支度・準備時間を簡素化する様に心掛けたいと思った瞬間だった。着替えは行なっていない。まだ 50km程度だから。

No5へ つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

REPORT, TRAIL RUN

Swisspeaks360.  No3

Swisspeaks360km

記録としてNo3

コースマップ

ULRICHEN 1,544mを出発。次の区間13.9km RECKINGEN1,405m チェックポイント26.8km地点を目指して行きます。途中 2,123m Mossmatte約600mの登りがあります。調子は 悲しいけど悪いけど景色は最高。その事だけが支えのような感じで進めて行けました。それから少し下りまた2,126m  Schossmatteを登りきり、今度は一気 に下り 約700mくらいです。序盤で脚を使わないように比較的ゆっくりゆっくり降って行きました。ココがエイドかな?って思っていたら登り返しが待っている。えー(*´-`) MAPとコースが違う事は、日常茶飯事だよって自分に言い聞かせながら歩みを進めることにした。すると、歓声が聞こえるエイド間近だぁ。でも登り…エイド手前でサポート受けている選手多数いた。ずるいなー!アウェイだから仕方ない、切り替えていこう!でも、今大会は、結局どこでサポート受けても何も言われずルーズな感じがした。

左下は 牛の水飲み場

RECKINGEN1,405mチェックポイントに到着して予定時間より約30分遅れていた。18:40くらいだったが、何を勘違いしたのか予定通りと勘違いしエイドでのんびりストレッチや頭から水を浴びて脱水を緩和していた。実は この勘違いもまた、脱水緩和に役立っていた。現地のスタッフは、こんなに水掛けて大丈夫か?って言われる始末でしたが、こっちはやばいと思っていたから何が何でも回復出来ることをやっていたに過ぎない。しかし 水は冷たくて、しまいには寒気がするほど浴びてしまったオチであった。

RECKINGEN1,405mを19:10頃 出発した。関門20:00だったから、ホント危なかった!緩やかな登りを徐々にスピードを上げて小走りで歩みを進めた。幅が広い林道のようなガレが少しあったが、前を行く選手を数人捉えて抜いていった。7.6km CHUMMEFURGGE2,660m 34.4km地点のチェックポイントを目指して1,860m位からシングルトラックに変わりひたすら登り続ける。途中 cow牛の糞が多くて、思わず踏んずけてしまいそうだったが、意識がしっかりしていた為大丈夫だった。しかし1,405mエイドから一気に1,200m以上上がるこの区間は、夕暮れ迫る中どこまでヘッドライト無しで行けるか?自分自身を試しているようにも思えた。止まると寒くなるかなっと思っていたが1,800m位で立ち止まって補給していた時は大丈夫だった。それから、またしばらくゆっくりストックを使いながら歩みを進めていくとガレ場が多くなり足元に注意しながら辺りが暗くなりヘッドライト無しで進めていたが、2,200m位だろうかヘッドライトに灯を灯しシェルを初めて着た。着替えていると忽ちガスが掛かってきて、瞬く間に前が見えなくなってきて、1人では危険だなと感じグループ形成しているところに混ぜてもらった。山頂2,660mに到着する頃ホワイトアウト状態になり山頂にいたスタッフの灯が僅かに見える程度だった。ここから一気に下りコース。次のエイドまで約8.4km  42.8km。スタッフの灯がしっかり見えた頃 下の始まり、ホワイトアウトは続き目印の旗が辛うじて見えて小走りに変わった。しかし、1本目印を発見出来たが、その先は見失い感覚で集団で進めたが限界を感じGPS携帯で使い外国人が先導していった。それでも、迷いながらコースロストも仕方なくホワイトアウトと戦いながら歩み進めたがなんかおかしく、日本人男性 レース前知り合った洋介さんと一緒にGPSを駆使してもらい何とか目印を発見して下って行くことが出来るようになった。この下りは、ものすごい横幅が広いゾーンで旗の位置が何処にあるか?分かりづらい区間だった。足元は クッキリとしたトレイルは無く、好きな所を走れる草原の様なトレイルだったおまけに濃霧が濃すぎる事も要因で、コースロストする選手が沢山出ていた事を後々知ることになった。やっとの思いで降って来るとコースは、幅が狭くなり迷うことがなくなるようになった。

次回に続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

REPORT, TRAIL RUN

Swisspeaks360. No1

Swisspeaks360km
記録としてNo 1

コースマップ

Swisspeaks360 受付からwelcome partyまで

2018.9.1 受付を探してラ.ラグーンHotelを目指すもBouveret 駅近くのゴール付近へロスト。

何だか良い予感がします。毎度の珍道中 始まりました!

それでも間違った方向でしたけど、直ぐ軌道修正してラ.ラグーンHotelが分かり一安心。
しかし 階段を登って2階が受付。荷物が多くて一段一段やっとの思いで上がり一汗。

レジェンド貝畑さんとツーショット

受付には、レジェンド貝畑さんがおり簡単に教えて頂きました。そして 誓約書のような物を書いて6畳程度の一室でbib ゼッケン番号を受取り デポジットバッグを受取り参加賞Tシャツを受取り最後に装備チェック。何とカップとカッパだけ確認。UTMBの様なメジャーの大会と違って簡単に終わり拍子抜けしました。

受付会場の様子。UTMBと偉い違い。そりゃそうですね。規模が違うもんね

オマケに露店のようなスポンサーショップも全く無く唖然!お土産何て何処にもない!肩透かしをくらいました。

その後 スイス鉄道に🚃乗り

Continue Reading

TRAIL RUN

六甲山全山縦走
六甲山全山縦走

7月最後の月曜日、岡山から宝塚駅を目指し2時半に出発。

宝塚から始発に乗り須磨公園を目指して行きました。

予定通りに7時過ぎに到着

出発前に周りをキョロキョロ

ここから2人でスタート、暑くなりそうな1日の始まり。いきなりの登り坂無理せず歩いて上がります。

ボクの体調は 調子が悪く前半は本当に苦しい道のりでした。熱中症になり掛けていたような感じです。

イキナリ最高な眺めポイント明石大橋が綺麗に見えて少しは気が晴れたような…でも、体調は優れず歩みを止める事なく進めて行きました。

相方さんは、調子が良い感じで足取りも軽やか羨ましい。

高倉山に到着。北西の住宅街など眺めも良かった。

朝は 曇り空模様でしたが、徐々に晴れやかに変わっていきました。すでに30度は 超えていたような。それでも、今日は45km以上トレイルを走るので水分補給をこまめにする事を怠らず飲み過ぎずを心掛けて行きました。

馬ノ背と言われているポイントへ

岩と言うか崖を登る降るテクニカルなコース設定に足下に気をつけてクリアー出来ました。街中からすぐ自然溢れる六甲の山々。この地で暮らしているランナーは最高です。思わずこの笑顔になれる場所です。

吊り橋を渡って次の山へ

この辺りから清流の音色が聞こえてきました。いつドボンっと出来るかな?そんな事ばかり考えて進んでいると地元神戸の方にアテンドして頂けるポイントへたどり着きました。

念願のドボン。わりと綺麗な清流に靴を脱いで約10分くらい浸かっていました。すると、熱中症の症状は収まり走れる走れる。見事に復活 覚醒しました。

それから約30km快調に歩むことが出来て嬉しかった。

摩耶山の掬星台からの眺めは最高です!3人で記念写真をパシャパシャ!

ここを通り抜ける風は心地よく夜景も綺麗なんだろうと思いました。ナイトトレイルランで来てみたいです。

六甲山山頂近くの茶屋でソフトクリームを頂きました。この日 2回目。体を内臓から冷やして六甲山頂上へ歩みを進めて行きました。

初 六甲山山頂。雲がありましたが、遠くの方まで360度パノラマが広がりここまで来た甲斐がありました。ホットしたのと、この時期に縦走は相当キツイと感じた次第です。コレでswisspeaks360 kmに向けて良い準備が出来たと思います。苦しみの中で、どうやったら乗り越えていけるのか?受け入れ残り越える手段を探す。何か必ずヒントがある。そんな想いをここで感じた。

山頂から宝塚までは、主に降り基調なトレイルが続く。しかし 、ここまで30キロ以上8時間は、行動しているボクにはキツイtrail がつづく…

弱音を吐きたい気持ちを抑えてtrailを抜けると、そこには宝塚から広がる大阪市内まで一望。最高ですね。ここまで我慢してきた甲斐がありました。嬉しいですね。

しかし 、ここからゴールの宝塚駅までtrailが長い。まだか、まだか…

11時間は、切りたいと思って必死に走って…

最後はこのスマイル!何とか10時間50分かかりましたがゴール出来ました。最後は 温泉に入り汗を流して気持ちいい疲れを癒せました。

 

今度は、秋か春先に行きたいね。テビさん!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村