Trail 100マイル練習, TRAIL RUN

Mt.Fuji 御殿場登山口

Mt.FUJI 合宿

MMAウエアー

7月15~16日 富士山御殿場登山口から往復走を行なった。

7月14日 21時頃自宅を出発。

高速道路を走ること8時間くらい

新東名 新富士ICに到着。

御殿場登山口を目指す。

到着後、仮眠をとり9時過ぎから山頂目指しアタック開始。

装備

OMM25L                           ザック

中身 水6L・カロリーメイト・菓子パン・ロールパン・チューブ状の明太子

   ライト2個・エマージェンシーシートなどレース必携品

   レインウエアー上下・手袋・防水手袋・ポール

スポルティバ アカシャ  シューズ

今回の富士山登山目的は、高度に慣れることだ。

御殿場登山口を出発してずっと火山灰。

まるで、砂場の上をずっと歩いている感じだ。

足にかなり負荷がかかる。

標高2,500m過ぎたくらいから徐々に高山病らしき症状が出始める。

ゆっくりじっくり歩みを進めるも標高3,000m過ぎる頃には

頭が痛く、10mも進むとしんどくて腰を下ろす様なありさま。

大丈夫か自分。

自問自答しながら耐えながらゆっくりと亀の様に歩いていた。

標高3,500m過ぎる頃 もっとも疲れがピークに達し

もう辞めたいと何度も思う。

同時に、オレ富士山も登れないのか?!

情け無い!!!

何度も繰り返し脳裏を駆け巡る。

じゃ、どうして高山病になるのか

客観的に自分で分析を始めた。

「寝不足・運転疲れ・高山に慣れていない」

この3点だろう。

そう分析したらレースでは、どうだろうと置き換える。

レース中は、寝不足・疲れ避けることができない。

じゃ、慣れは?

そう高山になれるために来たんじゃん。

改めて、目的が明確になった。

前向きな思考へ変わり

行動へと移せる様になった。

思考が、行動に影響を及ぼすことを

改めて実感した。

そんなこんなで、山頂へたどり着き

初めて山頂郵便局・お参りなど行なった。

しばらく、慣れるために

山頂でゆっくり過ごした。

山頂は、天気が悪くガスって周りが見えない。

おまけにお鉢周りにする気力も起こらない。

しょうがない、今日は慣れるために来たと言い聞かせ

下山することにした。

来た道を下り

途中から大砂走りルートへと変更して

大きなストライドを意識しながら走って下った。

下山最中もスピードを出しすぎると後頭部付近に

頭痛がししばらく動けない。

もがきなららも下山し

お腹が空いたので直ぐにごはん支度を初めて

カップラーメンを頂く。

食べ終えると雨が降り出し

ラッキーだったと感じた。

着替えて、銭湯へ

冷えた体を温めなおしてくれて

疲れを同時に癒してくれた。

御殿場登山口で就寝した。

良かったらポチッと押してください

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA