REPORT, Swiss Peaks 360, TRAIL RUN

Swisspeaks360. No4

Swisspeaks360km

記録としてNo4

コースマップ

それからしばらく下るとCHASERSTATT 1,772mエイドに到着。少し肌寒かったのでロッジの様なスキー場のレストランだったので室内で食事🍽着替えを済ませた。ここからホットウォーターを常に携帯する様になった。お茶もホットに切り替え内臓を冷やさないように努めた。ストレッチを繰り返し行っていたので、いつもエイドを出る時脚の状態はフレッシュで走れていた。次のエイドに向けて出発。もう この時は、時間を全く気にしないようにしていた。計画タイムラインは、既に崩壊していたので亀さんペースを目標に切り替えて、時間が少しでも貯金出来れば良いとしていった。

目指すはRappetl 2,000mを超えてEggerhom2,455mを頂点に区間約13.5km BINN 1,409m  56.3km。エイドを出て直ぐは下り基調のシングルトラックで夜間だったが気持ち良く走れた。それから次第に登り基調へと変化して行くと大きな川の清流が聞こえた。

2日目の山
Eggerhom 2,455m

ここの区間は、割と狭いシングルトラックだったので滑落しないように最新の注意を払って小走りしたり歩いたりを繰り返して前を行く灯を追った。エイドを出て2,200mまでは独りぼっち走だったが、迷いや怖さは全くなかった。むしろ灯を探して旅しいる様に感じていた。山頂手前でグループ集団を捕まえたが、ボクがガス欠状態。無理して前を追っていたんだと感じた。同時に高山病の様な症状が度々みられた。頭がぼっとして全身に力が入らなくなる。2,000m前後から、この様な状態に陥ってしまう。ゆっくり腰を下ろしてジェルを流し込んでいると雨が降りだり再びシェルを上下出し冷えていたので防寒手袋(ニット系+防水テラノバ)に変更した。ここまで 寒さ対策は十分考えていたので全く動じずに済んだ。登り約200m ゆっくりだが確かな歩みを刻めた。前半作った貯金は、着替えやこの後の下りで少しづつ無くなっていった。ボクは 下りに入る前 、必ずストレッチを入れる。それは、登りで無理してない様に思えた脚が かなり使っているからだ。山頂からの下り約4kmくらい一気に下る。途中シェルを脱いで暑さ対策を行い半袖で半パン姿になりボチボチBlNNを目指した。主にシングルトラックから林道に移り変わり長い下り坂を小走りに駆けて行く。到着した最初のライフベースキャンプ地は、消防署の中だった。ライフベースの中は、ランナーでごった返していた。早く寝て回復させたかったが、シングルベッドは既に一杯でキャンセル待ち。2段ベット2人でシェアする大部屋へ。ここでも、満室なので切替えて食事優先に🍽いつも美味しく頂いているパスタが、美味しく感じない。何だ味覚が変わった?それとも味付けが合わないのか?残して、持ってきたアルファ米を食す事にした。今回の旅で 1番美味しいと感じた。ここまでジェルばかり摂取していたので、体が欲していたのだ。そして、味噌汁!これまた体に染み渡り最高だった。一旦、胃袋も落ち着いたので寝る様にした。約1時間くらいの予定。歩みが遅かったので仕方がない。雑魚寝で寝ていたが、どうも時間がない事で焦っていて寝付けなかった。仕方なく起きてもう一度食事を簡単に済ませ身支度を整えてながら充電やジェルの入れ替えなど行う。エイドの所要時間約2時間ちょっと。いつもながら、長すぎて自分にうんざりした。こりゃ 日頃から身支度・準備時間を簡素化する様に心掛けたいと思った瞬間だった。着替えは行なっていない。まだ 50km程度だから。

No5へ つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


にほんブログ村

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA